活動報告

活動報告

2022.12.6 日彰館高等学校 生徒達の修学旅行~歓迎の挨拶

支部長(昭和40年卒) 杭 迫 重 臣

 日彰館高等学校の生徒達一行が、2022(令和4)年12月5日から3泊4日の予定で、東京見学をされました。分刻みのスケジュールの中、6日ホテルの朝食会場にて数分の時間をいただき、東京馬洗会を代表して歓迎の挨拶に伺いました。

 


 一行は生徒52名、引率教員5名、看護師1名、添乗員2名。総勢60名の皆さんでした。この間、日彰館高校の修学旅行は台湾の姉妹校との往来が続いておりました。が、今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響による厳しい渡航の制限等から旅行先を変更されました。

 挨拶は自己紹介、東京馬洗会の紹介で始まりましたが、生徒達は真剣かつ真面目な眼差しで耳を傾けてくれました。挨拶の途中では、約半月前にNHKBSプレミアムでJR吉舎駅や街並み、高校周辺が放映された「こころ旅」の話をしましたら、皆さんキョトンとされた顔つき。考えて見たらその日は平日で、生徒達は登校の途上ですので、TVを観ている余裕などは有りません。

 そして、「卒業後、進学や就職やその他の縁で関東域内での生活を始めることになりましたら、是非!東京馬洗会の会員登録をお願いします。微力ですが、何かのお役に立てればと思います」としながら、一方では「広島県北は過疎化・少子化が進んでおり、皆さんのような若い力を必要としています」と、相反する内容の挨拶となってしまいました。

 後日、引率の先生にお問い合わせをした所、「生徒達は気持ちをしっかり受け止めていると思います」とのことで、ひと安心をしました。

 最後、生徒代表から御礼の言葉をいただきました。その際、私自身、約60年前の故郷の光景や高校生活を思い起こし、万感の思いが込みあげた次第でございます。

●日彰館高等学校 ホームページ


2023年1月11日 記

 

2022.11.20 世羅高東京校友会 総会・懇親会 参加報告

副支部長(昭和48年卒) 竹原 弘

 去る2022年11月20日坑迫会長の名代として世羅高校の東京校友会総会・懇親会に参加しました。開催場所は東京馬洗会と同じ上野精養軒の梅の間でした。
 総会では今年の活動報告、今後の計画の説明が行われました。

 吉宮会長以下、大島校長、松浦同窓会長、金廣副町長、八谷庄原格致会長らの来賓を迎え総勢31人でした。

 大島校長の公演や来賓の祝辞に続いて、ワインで乾杯となりました。

 じゃんけん大会などのアトラクションもあり、盛会の中、午後4時ころ散会となりました。

 世羅では、今高野山が今年開基1200年とのことで様々な催しが行われているようです。

●世羅高東京校友会HP 世羅通信


2022年11月21日 記

 

令和4年度東京支部総会・懇親会報告

2022-10-15

   支部長(昭和40年卒) 杭 迫 重 臣


 令和4年度の東京支部(東京馬洗会)総会並びに懇親会は、10月15日(土曜日)正午から東京都台東区上野公園内の上野精養軒本店・藤の間にて開催されました。当日は多忙な中にもかかわりませず各方面からの来賓の皆様のご臨席を賜り、旧交を温め、盛会裏に終えることが出来ました。
 今年の総会・懇親会は、コロナウイルス感染症の拡大のために令和2年度から中止を余儀なくされ、実に3年振りの開催となりました。開催日当日も、なおコロナ禍でございましたが、開催を決断するに至るまでには様々な曲折が有りました。そのことを思うと、無事終えることが出来ましたのは、偏に皆様のご協力の賜物でございます。心より感謝申し上げますと共に、大変嬉しく思います。

 

 

 総会は、コロナ禍を考慮し、物故者の皆様は書面にてご報告、ご冥福をお祈りして黙祷を捧げ、令和4年度の各種審議案件については書面に因る審議表決の結果を報告するなど、コンパクト化。全ての案件についてご承認をいただきました。久々の開催だけに懇親会に重きを置いた内容と致しました。そしてご多忙な中、遠路にもかかわりませず、ご来賓としては春田佳伯 同窓会会長、吉田富志雄 同副会長、川中延晃 日彰館高等学校校長、奥田正和 世羅町長、吉宮孝治 世羅東京校友会会長のご臨席を賜り、高校創立130周年記念事業への取組みと寄付金ご協力のお願い、そして高校や同窓会本部や県北の近況などのご報告をいただきました。参加者の皆さんは実に3年振りに聞く故郷の近況とあって真剣に耳を傾けておられました。

 懇親会は多彩なメニューかつ美味な食事を堪能しながら、随所で近況の語らいで盛り上がり、広島県人らしくお酒も進みました。

 そして恒例の吉田副会長の掛け声によるジャンケンゲーム。三次市や世羅町からご協賛をいただいたワインを始め、新米や沢山の広島県特産品などをゲット、会場は随所で歓声や笑いで一気に熱気を帯び、楽しいひと時を過ごしました。

 最後は、全員での校歌斉唱そして集合写真の撮影、昭和30年ご卒業の三浦規良様に締めのご挨拶をいただき、再会を約し、午後3時過ぎ盛会のうちに散会となりました。

令和元年度東京支部 総会・懇親会報告

2019-10-19

   支部長(昭和40年卒) 杭 迫 重 臣


 令和元年度の東京支部(東京馬洗会)総会並びに懇親会は10月19日(土曜日)午後12時30分から東京・霞が関ビル35階、東海大学校友会館・富士の間にて開催されました。当日は多忙ななかにもかかわりませず各方面からの来賓の皆様のご臨席を賜り、旧交を温め、盛会の内に終了しました。関係者の皆様のご協力に心より感謝申し上げます。
 当日は、冒頭、この1年間でお亡くなりになられた物故者の皆様のご冥福をお祈りして黙祷を捧げました。
 続いて総会は、1年間の活動報告そして会計報告が行われ、満場一致で承認されました。
 当日は、遠路にもかかわりませず、来賓として千﨑本部同窓会副会長、雲井本部同窓会事務局長の代理として、吉田前日彰館高校校長で本部同窓会副会長、杉野日彰館高校教頭、吉宮世羅高校東京校友会会長のご臨席を賜り、日彰館高校創立125周年記念事業への取組みと寄付金ご協力のお願い、そして高校や同窓会や県北の近況などをご報告いただきました。参加者は約1年振りに聞く故郷の近況とあって真剣に耳を傾けておられました。
 続いて、任期満了に伴う全役員の留任と松岡幹事・事務局長兼HP担当の一身上の都合による退任が承認されました。
 お酒も進み、懇親会は随所で盛り上がる中、恒例のビンゴゲーム。とりわけ今年も吉田前校長の掛け声が会場一杯に響き渡り、随所での歓声と笑いで、会場は一気に熱気を帯び、楽しいひと時を過ごすことが出来ました。
各方面から過分なるご協賛の品々をご恵贈いただきましたこと、心より御礼申し上げます。
 引き続く二次会には、千﨑副会長、吉田前校長、杉野教頭、吉宮会長もご出席いただき、随所で歓談が続き、大いに盛り上がり、午後6時、盛況の内に散会となりました。